FC2ブログ

広瀬真咲 / 生態学 Biology of Masaki Hirose

Masaki Hirose Official Web

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04


2019.3.10 広瀬真咲 ソロパフォーマンス meta + pulse @ART TRACE GALLERY

Masaki Hirose solo performance event @2019 one-manshow * photo & report

53139009_2274747326116944_3.jpg




53410192_569954093518376_86.jpg




53429845_688198891575498_83.jpg





53423787_453210932172711_51.jpg




53808748_1898311020291988_2.jpg



部屋に掛けられたダウンジャケットが脱皮した人間の皮の様に思えてきた。ある時、派遣でピッキングのアルバイトに行ったら、倉庫の中に聳えるアマゾンBOXを延々と仕分ける、およそ100人位の外国人労働者の姿があった。寒風吹きすさぶ過酷な労働環境の中で皆一様にダウンジャケットを着込んで働く。ワンクリックでなんでも欲しいものが自動的に運ばれてくる時代。その裏には目に見えない光景がある。2つのダウンジャケット=脱皮した人間の皮同志の無言の対話、やがて悪夢のように変貌してゆく時間。

スポンサーサイト



テーマ : アート    ジャンル : 学問・文化・芸術

2019.3.3 METACTIONⅡ@広瀬真咲個展生態学4

2019.3.3 METACTION 「極めて限られた時間] @広瀬個展生態学4 / ART TRACE GALLERY
出演者一人につき、~20分程度の持ち時間で順番にソロパフォーマンス。
当日の模様写真をお送りします。


RIMG1397.jpg
Izumi Sekiya



RIMG1441.jpg
Megumi Shimizu



RIMG1359.jpg
Masaki Hirose




RIMG1434.jpg
Seiko Kitayama


RIMG1320.jpg
Osamu Adachi



久々に多数の出演者のイベントを企画しました。
場の空気が後半に進むごとに変わってゆく様を体感しました。
前半のトークでは清水さんより中国の、北山さんより日本のそれぞれ
パフォーマンスフェスティバルの歴史を拝聴し、15分という短い間で
もっと長く聞けたらなと思いました。
後半安達さんの硬派なコンセプチャルからはじまり、2番手の広瀬、中盤の関谷さんいつもの
エキセントリックはじける作品、ややハードコアな北山さん、固まって来た客席をまず
壊すところから始めた清水さん。フィナーレを飾るに相応しい手塚君の花のコミュニケーション。
沢山のパフォーマーが出る企画をするのはそれなりに労力がいりますが
どこかいい場所見つけてやってきたいと思っています。

今回個展と、自分のソロパフォの写真も後ほどアップします。

ひろせ

テーマ : アートイベント    ジャンル : 学問・文化・芸術

広瀬真咲 個展 [ 生態学4 meta + pulse ]  パフォーマンス・アート・イベントのご案内

広瀬真咲 個展 [ 生態学4 meta + pulse ] 
パフォーマンス・アート・イベントのご案内


④Performance-at-Denchu-Hir
Masaki Hirose, performance 2019, photo by Naoki Takehisa

パフォーマンス・アートとは、作家自身が観客の前でコンセプトを直接表現する、比較的新しい芸術手段です。日本のアートシーンでは昨今メジャーに取り上げられることの少ない一方で、世界各地では熱を帯びてパフォーマンス・アート・フェスティバルが開催されています。ものをつくらない、展示をしない芸術とは?本展のサブタイトルである、meta + pulse (変容と脈拍)の実践を行い、時間軸のある作品をあなたの前に提示します。

[ Metaction Ⅱ 極めて短い時間 ]
2019年3月3日(日)
17:30-20:30 入場料:1000円
Ⅰ.トーク「パフォーマンス・アート・フェスティバルとは?」 17:30~
プレゼンテーター:北山聖子、清水恵美
世界各地のパフォーマンス・アート・フェスティバルで活躍し、自身でもResponding International Performance Art Festivalのオルガナイザーを務めた北山聖子、清水恵美による活動報告。
Ⅱ.パフォーマンス・アート 18:10~
出演:関谷泉、手塚雄大、北山聖子、広瀬真咲、清水恵美、安達修
出演者1人につき20分程度の持ち時間で、順番にパフォーマンス・アートを行います。

[ 広瀬真咲 ソロパフォーマンス meta + pulse ]
2019年3月10日(日)
19:00-20:00入場料:1000円
広瀬真咲ソロパフォーマンスイベント。1時間程度のパフォーマンス。
不安な夜が眠れない。夜の時間て何だろう?

会場: ART TRACE GALLERY
http://www.gallery.arttrace.org/
JR総武本線両国駅東口から 徒歩9分
都営大江戸線両国駅A5出口から 徒歩5分
〒130-0021 東京都墨田区緑 2-13-19 秋山ビル1F
e-mail gallery@arttrace.org
TEL 050-8004-6019
*両イベント予約不要、途中入退場可

【出演アーティスト】

安達修パフォーマンス画像300
安達 修 Osamu Adachi
文化服装学院にて服飾、武蔵野美術大学にて絵画及びワークショップファシリテーションを学び、障害児童造形教室、身障高齢者養護施設にて造形指導とワークショップの実践を学ぶ。ロー・ハイコンテキスト社会のはざまにおける表現のあり方を探求し、アウトリーチを意識したインタラクティブアートの制作やパフォーマンス、映像制作、造形ワークショップを行っている。奈良町家の芸術祭はならあと、大船渡やっぺし祭り、吉原芸術大サービス、中延EXPO、六本木アートナイト、レスポンディングR1等参加。



北山聖子画像300
北山 聖子Seiko Kitayama
1982年、長野県生まれ。東京造形大学絵画専攻卒業。在学中、学生自主運営スペースnodeの運営・地域アートプロジェクトに携わる。あなた、わたし、社会の関係に生じる抑圧とレジリエンスを考える。2008年よりパフォーマンスアートを始め国内外のフェスティバルに参加。近年参加したフェスティバルとして、SIPAF(2017、フィリピン)、Performance Resources Orchestra(2017、シンガポール)谷雨西安行為芸術祭(2017、中国)NIPAF(2017、日本)、『Art-Clossing#vo1』に寄稿。「あなたの公差転」にて隔月で継続的にパフォーマンスアートワークショップを行っている。



関谷泉画像300
関谷泉Izumi Sekiya
ニパフを見てパフォーマンスを始める。路上アート研究会をぼちぼち開催。「アスファルトに大根」「夜の散歩」「遠くを見る、近くを聴く会」「絶景かな絶景かな」などを参加者を募って、品川駅、両国駅、吉祥寺駅周辺で行う。女偏の解放、I’m not your womanあるいは銀河系宇宙生命体的あくびが最近のテーマ。



清水恵美画像300
清水惠美Megumi Shimizu  
東アジアの比較文化・審美に興味を持つ。宮古島滞在後2001-16年中国留学と制作発表。京都造形芸術大学日本画、杭州中国美術学院山水画、北京中央美術学院民間芸術科進修・撮影科大学院卒業。中国を中心にモンゴル・韓国・タイで作品を発表。北京ゲーテ・インスティトゥート及び汕头大学艺术学院での身体ワークショップ。講義や執筆(美術手帖)など、中国現代美術を紹介する活動もしている。LAM360(2018, 2012 /モンゴル)、UP-ON(2017,2012 /中国・成都)



takehirotezuka3-300.jpg
手塚 雄大 Takehiro Tezuka
1990年栃木県生まれ。2013年多摩美術大学を卒業。2009年よりパフォーマンスを始める。2011年に『The hand』、2015年に『snow』など自身の内面を投影した作品を発表。2016年に「木津川アート」での『pray in Kizugawa』、2017年にmasuii R.D.R gallery「あなたと私の庭」での『時の満ち欠け』より、人と人との関係性を築く事をテーマとした作品を発表している。



Corrugated-box,280
広瀬 真咲 Masaki Hirose
2008年東京造形大学絵画専攻卒業。大学で絵画を専攻するが卒制でパフォーマンス・アートを行い、卒業後国内外のパフォーマンスフェスティバルに出演。2014年頃から絵画制作を再開、その後パフォーマンスと絵画で活動し現在に至る。近年は東京近郊で「生態学」シリーズの個展を展開。

テーマ : アートイベント    ジャンル : 学問・文化・芸術

広瀬真咲 個展 [ 生態学4 meta + pulse ]


水たまりに足をとられたペン
Masaki Hirose, mixed media, 606x505mm, 2018


広瀬真咲 個展 [ 生態学4 meta + pulse ]
2019 年2月16日(土)~3月12日(火)
12:00-19:00 (水曜休廊)
ART TRACE GALLERY
http://www.gallery.arttrace.org/

JR総武本線両国駅東口から 徒歩9分
都営大江戸線両国駅A5出口から 徒歩5分
〒130-0021 東京都墨田区緑 2-13-19 秋山ビル1F
e-mail gallery@arttrace.org
TEL 050-8004-6019

生物の祖先は一つであり、我々は同じDNAを共有している。永い時間をかけて、進化してきた。あるものは、独自の姿を遂げ、あるものは融合し、またあるものは、別離の道を歩んだ。そして今、我々の体という形がある。
脈拍(pulse)がある。現在からおよそ4年位前までの記憶の中から、それを拾い上げようとした。今となってはノイズが走り、一部に靄がかかり、あるいは欠損し、また別の思念が入り込み、うまく思い出すことができないのだが・・

◆付帯イベント◆

[ Metaction Ⅱ 極めて短い時間 ]
2019年3月3日(日)17:30-20:30
入場料:\1000
ART TRACE GALLERY
(途中入退場可、予約不要)
Ⅰ.トーク「パフォーマンス・アート・フェスティバルとは?」 17:30~
プレゼンテーター:北山聖子、清水恵美
世界各地のパフォーマンス・アート・フェスティバルで活躍し、自身でもResponding International Performance Art Festivalのオルガナイザーを務めた北山聖子、清水恵美による活動報告。
Ⅱ.パフォーマンス・アート 18:10~
出演:関谷泉、手塚雄大、北山聖子、広瀬真咲、清水恵美、安達修
出演者1人につき20分程度の持ち時間で、順番にパフォーマンス・アートを行います。

[ 広瀬真咲 ソロパフォーマンス meta + pulse ]
2019年3月10日(日)19:00-20:00
入場料:\1000
ART TRACE GALLERY
(途中入退場可、予約不要)
広瀬真咲ソロパフォーマンスイベント。1時間程度のパフォーマンス。
不安な夜が眠れない。夜の時間て何だろう?

★パフォーマンス・アートとは、作家自身が観客の前でコンセプトを直接表現する、比較的新しい芸術手段です。日本のアートシーンでは昨今メジャーに取り上げられることの少ない一方で、世界各地では熱を帯びてパフォーマンス・アート・フェスティバルが開催されています。ものをつくらない、展示をしない芸術とは?本展のサブタイトルである、meta + pulse (変容と脈拍)の実践を行い、時間軸のある作品をあなたの前に提示します。


テーマ : 展示会、イベントの情報    ジャンル : 学問・文化・芸術

広瀬真咲 水彩画展 「生態学3 原初の大海」 / Masaki Hirose water color one-man show " Biology3 Origin Ocean"

DM写真450

広瀬真咲 水彩画展 「生態学3 原初の大海」

会期:2017年8月1日(火)~6日(日)*会期中無休
開催時間:12時~19時(最終日16時まで)*会期中作家終日在廊
会場:Japan Creative Arts Gallery http://jcagallery.net/
(住所:〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3-12-9 NIビル B1F
TEL:03-6661-2716)
地図:http://jcagallery.net/access/
●東京メトロ茅場町駅、1番出口より徒歩一分。(NIビル地下1階)

★★個展付帯イベント★★
佐久間佳子(サンバ)×広瀬真咲(パフォーマンス・アート)
「サンバ?さかな?かなパフォ!」
開催日:2017年8月5日(土)
開演:17時より
入場料:500円
*同会場にて開催。予約不要。どなたでもお気軽にお越し下さい。

☆サンバダンサー佐久間佳子と、パフォーマー広瀬真咲のコラボイベント。
水の中のお魚がテーマ。まだ誰も見たことのない未知数溢れる夏のチャレンジ企画です。
一体何がどうなることやら、お楽しみに!

<展示概要>
近年は生態学をコンセプトに、絵画、パフォーマンス・アートの分野で活動を続ける広瀬の初の水彩画展。水の中の生物をモチーフとした水彩画の小作品を展示。魚をテーマにした、サンバダンサーとパフォーマンス・アートのコラボレーションイベントも併せて開催する。

<作品コンセプト>
生命の本質はDNAであるとする。ではDNAとはいつどこでどのように誕生したのだろうか。その源は、隕石によって地球外からもたらされたという説がある。太古の地球は、海で覆われていた。生命は海で誕生したと。水の中には、陸上とは違った世界が広がっている。そこに生きる彼らと、私たちは、同じDNAのコードを持っている。私たちは、いつからか、陸上で生きることを選んだ。もし私たちが、陸上を選ばず、水中に残ることを選び、深い海の底から水面の上空を見上げた時、そこにはどんな世界が広がっていたのだろうか。


RIMG0422-250.jpg

<作家略歴>

広瀬真咲 

1985 埼玉生まれ
2008 東京造形大学絵画専攻卒業

個展
2016 「生態学」ART TRACE GALLERY、東京
2017 「生態学2 サボテンのDNA」masuii R.D.R gallery、埼玉

フェスティバル
2010 「Crazy Wisdom 2010_Tour」Inchon Art Platform、Gwangiu City museum、韓国
2010 「TIPAF-THEATER PIECE」牡嶺街小劇場、台湾
2011 「日本国際パフォーマンス・アート・フェスティバル」Die pratze,、東京
2011 「ニパフ インド・バングラデシュ パフォーマンスアート交流プロジェクト2011」
2012 「おてらハプン!」日照山東光寺、滋賀
2013 「EXTRA!!!! International Performance Art Festival」Academia de San Carlos、メキシコ

レジデンス
2015 「[R.A.T.] Residencias Artisticas por Intercambio」 メキシコ


<8/5イベント・ゲスト出演者紹介>

佐久間250

佐久間佳子
G.R.ESCOLA DE SAMBA SAUDE所属のサンバダンサー。浅草サンバカーニバルは、今年の参加で10回目。東京造形大学で絵画を学んだが、南米のフォルクローレとも出会う。



Masaki Hirose water color one-man show " Biology3 Origin Ocean"

Date: 1st.(tue) Aug - 6th.(sun) Aug, 2017
Time: 12:00-19:00 (Last day 16pm closed)
Venue: Japan Creative Arts Gallery http://jcagallery.net/
Map: http://jcagallery.net/access/
* Tokyo Metro Line "Kayabacho" station, exsit1, walk to 1min.
Next to Family Mart, NI building the first basement.
* Japan Creative Arts Gallery Tel:03-6661-2716

Special Event
Yoshiko Sakuma(Samba) x Masaki Hirose(Performance art)
" Samba? Sakana? Kana? Performance!"
Date: 5th.(sat) Aug, 2017
Time: 17:00
Admission: \500
Venue: Japan Creative Arts Gallery
* no need reservation, everybody welcome.


Masaki Hirose

C.V.

2008 Tokyo Zokei University, B.F.A
2003 Graduates Sakado Saitama prefectural high school
1985 Born in Saitama

One-man show
2017 "Biology2 Cactus DNA" masuii R.D.R gallery, Tokyo
2016 “Biology” ART TRACE GALLERY, Tokyo

Festival
2013 “EXTRA!!!! International Performance Art Festival "Academia de San Carlos, Mexico City
2012 “Otera Happen! vol.5″Nisshozan Toko temple, Shiga
2011 “NIPAF Japan-India & Bangladesh Performance Art Exchange Project 2011″
2011 “Nippon International Performance Art Festival [NIPAF]” Die pratze, Tokyo
2010 “Crazy Wisdom 2010_Tour” Inchon Art Platform & Gwangiu City museum, Korea
2010 “TIPAF – Theater PieceⅡ” Guling Street Avant-garde Theatre, Taiwan

Residence
2015 “[R.A.T.] Residencias Artisticas por Intercambio” Mexico City






テーマ : 展示会、イベントの情報    ジャンル : 学問・文化・芸術


プロフィール

広瀬真咲 Masaki Hirose

Author:広瀬真咲 Masaki Hirose
パフォーマンス・アートと絵画をメインに活動。
最近立体制作再開しました。

【問い合わせ先/広瀬真咲】
shin3kibou-bgm★yahoo.co.jp 
(★を@に変えてください。)

◆作品の展示、パフォーマンスの出演の依頼、オファーを受け付け中。内容詳細はメールにてご相談下さい。

Masaki Hirose
Art works: Performance art & painting

[contact/ Masaki Hirose]
shin3kibou-live★yahoo.co.jp
(Please change ★ to @)

Please art works offer to e-mail.

カレンダー(月別)
03 ≪│2020/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Ranking
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
ブログランキング 人気ブログランキングへ
3D球体タグクラウド
 
検索フォーム